仲介手数料の仕組みはどのようになっているのですか?

依頼人からの仲介手数料による報酬が殆どの収入源となる不動産会社では、不動産会社の仲介によって取引される売買・賃貸は大きく2つのケースに分かれ、不動産売買、並びに賃借の場合も基本的には同じとなり、先ず売主・買主(貸主・借主)の間に仲介業者が1社の場合は双方から仲介手数料を得ることができるので「ダブル手数料」や「両手」と呼ばれており、買主側の仲介業者、売主側の仲介業者のように仲介業者が2社に別れる場合ですと買主、売主からそれぞれ仲介手数料を受け取り、これを「片手」と呼びます。

仲介する不動産業者が1社の場合、一般的には売主と買主の両方から仲介手数料をもらっていることとなり、仲介業者が2社の場合ですと不動産会社が受け取る仲介手数料は半分となってしまうのですが、最近では不動産業界の「高すぎる不動産仲介手数料」を買主・売主が個人の場合は仲介手数料無料にする、若しくは安くする方向で取り組み始めております。

このことから仲介手数料無料のシステムは最近になってからと言えます。

仲介手数料無料と半額の違いは何ですか?

不動産会社によっては仲介手数料無料や半額、不要といった文字を目にしますがその意味の違いは何なのでしょう?仲介手数料が無料になるには売主が不動産業者である場合はそちらからのみ仲介手数料をもらい、買主(個人)の仲介手数料をとらないことによって仲介手数料無料となりますが、反対に売主が個人で買主が業者の場合は売主の仲介手数料を無料にします。

売主、または買主に他の仲介業者が入っている場合、そちらの仲介手数料が入りませんので仲介手数料をなくすと収入を得ることができず、そういう場合には仲介手数料を半額とし、売主・買主ともに個人の場合は双方の仲介手数料を半額とします。

仲介手数料無料を希望

現在における仲介手数料の引き下げ策として不動産業者は様々な努力をしており、例えば広告費の大幅削減です。

以前は土地や住宅など不動産の新聞折り込みチラシがよく入っていましたがこれらの広告経費はかなりな額になりますので折込チラシの代わりにインターネット広告に特化するようになりました。

また人件費のカットや業務のスリム化を実行しており、例えば新築物件のオープンハウスで営業マンが立っている光景を見かけたことがあると思いますが、一日現場に立っているだけでも人件費が発生しますのでこれらを見直すことによって仲介手数料を取らないというサービスが実現できたのです。


Comments are closed.